婚約指輪の年代別価格相場

婚約指輪の年代別価格相場

 

プロポーズ

 

婚約指輪の平均購入金額は、誰しも気になるポイントの1つだといえます。
なぜなら、他のカップルがどのくらいの金額の婚約指輪を購入しているのかが分かれば、予算が立てやすくなるからです。

 

また、全体の平均購入金額は、20万円から40万円前後といわれていますが、
実際のところ年代別によって平均購入金額は変わってきます。
そのため、ここでは婚約指輪の年代別価格相場について、解説していくことにしましょう。

 

まず、20代前半ですが、平均で30万円程度、20代後半となると、35万円前後、
更に30代以上となると、40万円前後と大きく金額がアップしていくことが分かっています。

 

なぜ、こんなにも金額が変わってくるのでしょうか。
それにはいくつかの理由があるのですが、中でも代表的なものを、3つご紹介することにしましょう。

 

まず1つ目は、年収です。
20代前半の男性であれば、まだ社会人になったばかりということもあり、年収がそこまで高くありません。
ですから、必然的に婚約指輪の購入金額が低くなってしまうのです。

 

一方、30代以上となると、ある程度の収入を得ている人が多いため、
20代前半と比較すると約10万円もの開きが出てきてしまうのだと言えます。

 

2つ目は、婚約指輪の素材です。
年代が若くなればなるほど、プラチナではなく、ホワイトゴールドやピンクゴールドを選ぶ傾向が強いようです。
逆に、30代を超えてくると収入が安定してくることから、ホワイトゴールドより高額な、
プラチナを選ぶ人が増えるといえます。

 

3つ目は、宝石の割合です。
一般的に婚約指輪の場合、ダイアモンドが入っているケースが多いのですが、
指輪に宝石が入っている割合は20代よりも30代の方が高いといわれています。
そのため、必然的に30代上の婚約指輪の購入金額が高くなるのですね。