婚約指輪を付ける指はどの指?

婚約指輪を付ける指はどの指?

 

プロポーズ

 

結婚指輪を左手の薬指に付けるということは、多くの人が知っている通りですが、
婚約指輪に関しては様々な説があります。

 

その証拠に、周りを見渡してみても、婚約指輪の付け方については、
ただなんとなく左手の薬指に付けているという、曖昧な意見がほとんどです。

 

ですから、実際に自分が婚約指輪を付ける際、
どの指に付ければ良いのか分からないということになりがちだといえるでしょう。

 

結論からいいますと、婚約指輪は左手の薬指に付けるのが正しい付け方ということになります。
理由はいくつかありますが、大きく分けると以下の2つの理由があるといえるでしょう。

 

1つ目は、左手の薬指は、神聖な指だからという理由です。
左手の薬指には太い血管が通っており、ダイレクトに心臓までつながっているといわれています。

 

心臓は別の意味で命そのものであることから、神様へ永遠の愛を誓う婚約や結婚の指輪を付ける指として、
薬指が適しているといわれてきたのです。

 

2つ目は、日常生活を送る上で、一番動きが少ない指であるため、指輪を落とす心配が少ないということです。

 

左利きの人の場合は、話が少々違ってきますが、一般的には右利きの人が多く、
婚約指輪のような大切なものは、左手の薬指が一番適しているといわれてきました。

 

以上の2つが、婚約指輪は左手の薬指に付けることが、適している理由ということになります。
ちなみに、結婚式当日、婚約指輪はどうしたら良いのかということですが、
結婚式の間だけ右手の薬指につけるのが一般的です。

 

そして、式が終わったら、結婚指輪と重ねて婚約指輪を左手の薬指に付けることになります。
稀に、結婚指輪と重ねるのではなく、婚約指輪を中指に付ける人がいますが、
それは間違いですので気を付けるようにしましょう。

 

以上、婚約指輪を付ける指について、詳しくご紹介していきましたが、いかがだったでしょうか。
彼からのプロポーズを受け、婚約指輪を貰った際は、迷わず左手の薬指に付けたいものです。