婚約指輪を購入する際の注意点

婚約指輪を購入する際の注意点

 

婚約指輪を購入するのは、一生に一度です。
そのため、後々失敗したということにならないためにも、婚約指輪を購入する際の注意点について事前に確認しておきましょう。

 

そこで、今回は特に気を付けておきたい3つの注意点について、具体的にご紹介していくことにします。

 

エンゲージリングはふたりで選ぶ!

 

まず1つ目は、必ず2人で選ぶということです。ドラマや映画などでは、
婚約指輪はプロポーズの際に彼がプレゼントしてくれる!というサプライズなものが多いですが、現実は違います。

 

2人で婚約指輪を買いに行くパターンが、一番多いのです。
男性と女性の好みは基本的に違うものですし、前もって好みの指輪のデザインを彼に伝えておいたとしても、
購入してからサイズが合わないことに気付いたという話はよくあります。

 

また、2人でじっくりと選んだ方が、納得のいく婚約指輪を選ぶことができるものです。
そのため、結婚が決まってからは色々と忙しくなるとはいえ、
少々時間が掛っても2人で婚約指輪を選んだ方が良いですよ。

 

エンゲージリングは必ずはめてみる!

 

2つ目は、購入前に必ずはめてみるということ。
最近は、ネットでも簡単に婚約指輪を購入することができるようになりました。
中には、大変質の高いサービスや、商品を提供しているネットショップもありますが、一番のネックはサイズです。
女性の指はむくみやすく、サイズも朝と夜で少し変わってしまったりするものですし、
指輪を実際に付けてみないと、自分の指に合うかどうかは分かりませんよね。

 

見た目や好みだけで判断せず、なるべくきちんと店舗に行って、色々とはめてみて下さい。
指輪をはめる時間帯は、夕方がベストですよ。

 

ダイヤモンドの自社鑑定は避ける!

 

最後の3つ目は、鑑定書が付いてくる場合、自社鑑定は避けるようにするということです。
婚約指輪の場合、ダイヤモンドが使われているケースが多いため、必ず鑑定書が付いてきます。

 

その際、自社鑑定となると、鑑定書そのものの信憑性がどうしても薄くなってしまうのです。
信頼できる鑑定機関として、GIA、AGT、CGLなどがありますので、
鑑定書を発行した機関がどこなのか、確認して下さい。

 

上記3つが、婚約指輪を購入する際、最低限注意したいポイントとなります。
この他にも注意したい事柄はいくつかありますが、数件のお店を回りながら焦らずじっくりと指輪を選ぶようにしたいものです。