ホワイトゴールドのリングについて

ホワイトゴールドのリングについて

 

ホワイトゴールド

 

近年、プラチナに次いで人気が高まっているのが、ホワイトゴールドです。
それでは早速、ホワイトゴールドの婚約指輪の特徴について3つ取り上げ、詳しくご紹介していくことにしましょう。

 

まず1つ目は、プラチナと比較すると価格が安いということです。
ホワイトゴールドは、パラジウムやニッケル、銀などを混ぜて白色に近づけ、更にロジウムでコーティングしています。

 

そのため、他のゴールド素材よりも高額なのですが、プラチナよりも安価となっています。
以上のことから、婚約指輪の費用を抑えたいけれど、
デザインや素材に妥協したくないカップルが、ホワイドゴールドを選ぶ傾向にあるのです。

 

2つ目は、色合いがプラチナと似ているということです。
最近は、指輪の製造・加工・デザインなどの技術が著しく発達したため、
見た目はプラチナと区別できなくなってきています。

 

いずれ、メッキが剥がれてくることは否めませんが、簡単に修正することが可能ですので、
末長く愛用していくことができるでしょう。

 

最後の3つ目は、婚約指輪の素材として向いているということです。
ホワイトゴールドには、いくつかの特性がありますが、その特性が婚約指輪に向いているといわれています。

 

例えば、耐久性、強度、重さ、素材の柔軟性などが当てはまるでしょう。
婚約指輪は、長期間に亘って大切にしていくものですので、耐久性や強度は非常に大切ですし、
柔軟性があるということは、それだけ様々なデザインの指輪が多いということになります。

 

以上の3つが、ホワイトゴールドの婚約指輪の主な特徴です。
海外へ行くと、婚約指輪の素材はプラチナよりもホワイトゴールドが好まれていますし、
素材にこだわりつつ、費用を抑えることもできますので、
婚約指輪として珍しい素材というわけではありません。

 

また、婚約指輪は、どちらかというと頻繁に身につける指輪ではありませんが、
何十年も大切に使用する指輪ですので、指輪の素材の特徴については十分理解しておくといいですね。