プラチナのリングについて

プラチナのリングについて

 

プラチナ

 

プラチナは、約8割の女性が選ぶ婚約指輪の素材です。
そもそも、なぜこんなにも多くの女性が、プラチナの指輪を選んでいるのでしょうか。

 

実は、プラチナの指輪が持っている、3つの大きな特徴が関係しているといえます。
それでは、各特徴について1つずつ見ていくことにしましょう。

 

1つ目の特徴は、宝石を輝かせる色をしているということです。
プラチナは上品で光沢のある銀色をしていますが、別名、白い貴金属ともいわれています。

 

そのため、婚約指輪によく使用されるダイヤモンドと、大変相性が良いのです。
ダイヤモンドは、白い貴金属と組み合わせると、より強い輝きを放つようになります。

 

また、プラチナに似た素材として、ホワイトゴールドがありますが、残念ながらプラチナと同じように、
ダイヤモンドを輝かせることはできません。
どうしても、どこかくすんだ輝きとなってしまうのです。

 

2つ目の特徴は、耐久性に優れているということです。
プラチナそのものは、大変柔らかくて粘り強い素材なのですが、パラジウム、ルテニウム、イリジウムなどを含めることにより、
強度や耐久性が強固なものへと変化します。

 

また、プラチナの柔らかさや粘り強さを活かすことにより、幅広いデザインを楽しむことができるため、
婚約指輪のように華やかで高級感のあるブライダルジュエリーの素材として、ぴったりなのです。

 

3つ目の特徴は、縁起が良いということです。2つ目の特徴のところで、耐久性についてお話しましたが、
プラチナが優れているのは耐久性だけではありません。

 

変色しないこと、熱に強いこと、王水と熟アルカリ液以外の液体の影響を受けないこと、
アレルギー症状を引き起こしにくい金属であることなど、永遠の愛を誓う為に身につける素材として相応しいのです。

 

以上、プラチナの婚約指輪の特徴について3つご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。。
これから、婚約指輪の購入を考えている方は、是非参考にしてみて下さいね。